IT業界で活躍する職種について

IT業界で働くと言っても様々な職種があります。
主に営業と技術職と事務職がありますが、さらに技術職でも何かを開発するプログラマーなのか、それともプログラマーと顧客との仲介役でもありスケジュールを設計するシステムエンジニアなのか、企業がIT技術を導入するとなったときに色々提案したり相談に乗ったりするITコンサルタントなのかなど、本当に様々あります。

そしてさらにシステムを管理、保守する立場やカスタマーサポートセンターに勤務する人もいます。どういった職種に就くかによって給料や休みなど勤務条件も変わってくるので、それと合せて考えてみる必要もあると思います。

システムエンジニアやプログラマーになれば納期に間に合うように仕事をしなければならないので、仕事が終わるまでは会社に缶詰め状態になるのも覚悟しなければならないし、ITコンサルタントはIT技術や業界のことだけではなく相談に来た企業のことや業界のことを知らなくてはニーズに答えられないので、勉強量がとても多くなります。

カスタマーサポートセンターなどは休日は土日ではないことや、普段はそのシステムがある企業に常駐するので、自社の会社員という意識が少し薄くなるなどのデメリットを考慮したほうがいいと思います。

IT業界はベンチャーが多く他の業界に比べれば自由な感じもありますが、能力主義であるので環境としては厳しいと思います。チャレンジ精神のある、好戦的な人ほど向いている業界であると言えます。システムエンジニアについてより知りたい場合は、こちらのサイト


システムエンジニアに聞く!お仕事内容マップ」 がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>